青空の下で

奈良、関西、金沢、東京と生活の拠点を移しながら、様々なよしなしごとを綴ります。

久しぶりのハントンライスin金沢。

いま、金沢のインターネットカフェから書いています。
やっぱり、利用料を支払ってもPCで投稿するほうが絶対に楽ですね。

お昼ごはんに何を食べようか、と迷ったんですが、なつかしの洋食「オーツカ」ハントンライスを食べようと片町までやってきました。金沢に住んだことがない方はハントンライス、と聞いても「なにそれ?」という感じだと思います。事実私もそうでした。スーパーの惣菜売り場にハントンライス、と書いてあるのですが、どう見てもオムライスが平べったくなっただけにしか見えませんでした。金沢のご当地ライス、と知った後もたいしたことないな、と思っていました。実際、最初に作った洋食屋さん(当初はまかない料理だったようです)は今はもうない、というのも何となく納得していました。

Cランチハントン大盛りしかし、オーツカのハントンライスを食べたときにこの考えが間違っていたことに気づきました。ご飯はオムライスと同じケチャップライスですが、薄焼き卵にエビフライと白身魚のフライが入っており、かけるソースもケチャップとタルタルソースが両方ともたっぷりかかっているんです。書いただけでもしつこそうですが、実際金沢出身でも敬遠する人もいます。でも、しつこい味のB級グルメが大好きな私は見事にはまりました(笑)。残業で出前を頼むときはいつもハントンの大盛りを頼んで、職場の同僚をあきれさせていました。

ハントンライスそのハントンを食べようということでオーツカにやってきたわけです。実はランチで食べるのは初めてですが、ハントンはCランチで味噌汁、サラダ、おしんこ付きで\680でした。ちなみに私は\120足して、ハントンを大盛りにしたのは言うまでもありません(笑)。久しぶりのハントンは相変わらずボリュームがあって、しつこくて、本当に懐かしい味でした。金沢を訪れる人は普通、甘エビやブリをはじめとする海産物を楽しみに来られると思います。もちろん、それで大正解ですし、私も大好きです。でも、それ以上にこのハントンライスは職場の思い出とともに絶対に忘れられない味なんです。今後も金沢を訪れるときにはこのハントンライスを食べるんだろうな、と思った次第です。だから、これからもおいしいハントンライスを作り続けてくださいね、おじさん、おばさん!