青空の下で

奈良、関西、金沢、東京と生活の拠点を移しながら、様々なよしなしごとを綴ります。

ところてん池袋西武編

もう二度も書いている「心太 (ところてん)」ですが、今日は比較的早く仕事を終えたので、 午後8時過ぎに池袋西武の食料品売り場を覗いてみました。

和菓子売り場を見てみると鶴屋吉信たねやなど、関西が本拠の和菓子屋さんもあったので、今度こそは、 と思ったのですが・・・。結論から言うと空振りでした。そもそも、「ところてん」自体を置いている店を見つけられませんでした (葛きりをおいているお店はあったんですが。葛きりだと主成分は葛粉ですからね・・・)。ひょっとしたら関東の人は「ところてん」 をデザートだと思っていないので、和菓子売り場には無かったのかもしれません(それ自体が黒蜜の「ところてん」はない、 と言っているようなものですが)。わずかに甘味処を併設していた鶴屋吉信には「ところてん」がおいてあったのですが、残念ながら二杯酢の 「ところてん」のようでした。ひょっとしたら甘味処なので、黒蜜をオーダーすれば出てきたのかもしれませんが、 少なくともディスプレイされていたのは二杯酢でしたので、その時点でがっかりきてしまいました。 関東やそのほかの地域の和菓子屋さん他が二杯酢の「ところてん」しかないのは理解できるのですが、関西が本拠のお店まで二杯酢とは・・・。 おそらく東京では黒蜜の「ところてん」が売りにくいのは十分わかるのですが、少しだけでも良いから置いていて欲しかったです。 おそらく私と同じ思いをしている関西人はきっといるはずですから。クチコミでも買いに来る人いると思うんだけどなあ。

手造り無添加・ところてん・大雪湧水の味【海藻問屋『自然☆健康・倶楽部』】