青空の下で

奈良、関西、金沢、東京と生活の拠点を移しながら、様々なよしなしごとを綴ります。

「ツンデレ」という言葉。

今日、近くのイトーヨーカ堂をぶらぶらしていて、中にある本屋に入りました。そこで、 将棋雑誌の表紙にコンピュータ将棋の記事が載っているので、いつもは全く読まないのに何となく手にして記事を読んでいると、その中に 「ツンデレ」という言葉が使われているのを発見しました。実は「ツンデレ」 という言葉を何度か目にしていたものの、意味もわからず読み流していたんですが、ちゃんと雑誌には注釈があって 「人前ではツンツンしているが、二人っきりになるとデレデレとしおらしくなる」とありました。要は「ツンツン」と 「デレデレ」の合成語だったんですね(笑)。

いずれにしても、最近はわからない言葉が増えてきて、おっさん化が進んでいるのかな、と少し切なくなってしまいました(苦笑)。