青空の下で

奈良、関西、金沢、東京と生活の拠点を移しながら、様々なよしなしごとを綴ります。

郵便配達。

またまた郵便の話で恐縮ですが、ある体験をしたので、書いてみたいと思います。

ある木曜日の夜、丸の内のポストに投函された郵便が土曜日になっても到着先である東久留米に届かない、なんで?同じ都内なのに。と思って郵便局に電話すると民営化されたとは思えないような応対をされ、思わず、郵便局への問い合わせメール問い合わせフリーダイアル(0120-23-28-86)に電話してしてクレームをつけても埒が明きません。普通郵便の紛失はあり得ます、といったことまで言われてしまいました。それで、もう一度東久留米郵便局に電話してみると、今度は親切に教えてくれました。

丸の内から投函された郵便物はまず、府中に集められる、とのことです。それから都内各地に配送されるために、余計に時間がかかってしまう、ということでした。でも郵便局の「お届け日数を調べる」というページで検索すると、ちゃんと翌日に着く、と書いてあるのにおかしい気がします。とにかく、普通郵便はあまり信用しないのが一番、ということになっちゃいますね。

ちなみに、郵便物の紛失については、「調査請求」をすればよいようです。実は届くはずの郵便物複数あったので、それもちゃんと報告しておけばよかったなあ、と今は思います。とにかく、大事な郵便物はせめて、配達記録をつけなければならない時代なのかもしれませんね。何のための民営化なんだか、と思った出来事でした。