青空の下で

奈良、関西、金沢、東京と生活の拠点を移しながら、様々なよしなしごとを綴ります。

税務署と郵便局と社保庁と。

最近、標題の官公庁+郵便局と接する機会がありました。

税務署は、確定申告と、その後の住民税についての質問。郵便局は配達記録の郵便物について。社保庁は自分の年金について、です。

この中で対応が良かったのはどこでしょう。

僕にとって、対応が良かったのは、意外にも社保庁でした。親身になってお話を聞いてくれましたし、住所地の最寄りでない社会保険事務所で話を聞いてもちゃんと応対してくださいましたし。まあ、世間にかなり叩かれて、対応が丁寧になったとも考えられますが・・・。

郵便局は、少し、僕にも非があるのですが、この対応はどうかなあ、と思いました。というのも、配達記録の郵便物が来たという連絡票が入っていたんですが、再配達の連絡をする前にどこかへやってしまったんですね。それで、まず、郵便の質問ダイヤルにかけてみると、対応する郵便局へ直接行ってくれと言います。それで、最寄りの郵便局にかけてみると、連絡票に書かれている番号が分からないと探しようがないと言われました。以前は、配達期限が近づくと、もう一度、連絡票を入れてくれていましたようね、と聞くと、民営化後はそれも廃止された、と言われました。要は、民営化後、さらにサービスが低下しているんですよね。あの連絡票を無くしたりしてしまうと、配達記録や書留などをゲット出来なくなってしまう、と言う事になってしまいます。これって、本当に良い事なんでしょうか。これを聞いて、それこそ、引っかき回して、連絡票を発見し、事なきを得たので、僕は良かったんですが、こんなので本当に良いのかなあ。

最後は税務署です。一番対応が悪かったです。確定申告と住民税の関係について、確認したい事があったので、Webサイトで調べ、会社に最寄りの税務署である、新宿税務署に電話してみました。でも、応対はぞんざいだし、なんで、新宿に電話してきたんですか、と言われる始末です。社保庁のように、端末で調べようともしませんでした。国家機関なんですから、全国のネットワークで調べるぐらい、出来るでしょうに。本当に腹が立ちました。

結局、確定申告した税務署にもう一度電話をかけ直しましたが、そこでも、今度は市役所で確認してくれ、と。本当に他人任せです。こんなんでやっていけるのって、本当に羨ましいです(皮肉)。

今回、あまりにも腹が立ったので、こんなエントリを書きましたが、少なくとも、税務署は態度、変わらないでしょうね。なんせ、税金を握ってるから(苦笑)。でも、本当にこんなので、良いのかなあ。

人気ブログランキングへ

Banner_03